FXは仕組みを理解する必要があります。

外国為替証拠金取引と言うくらいなので、証拠金が必要になります。
証拠金を投資して、お金を増やしていきます。
小さなお金で大きなお金を動かすというイメージです。
証拠金にレバレッジをかけることでお金を増やします。
レバレッジが25倍なら、お金も25倍になります。
価格差で儲けるので、25倍も儲かるというわけではありません。
証拠金が少なくなると、業者側が勝手に決済します。
ですから、証拠金がゼロになることは決してありません。
業者側が勝手に決済することをマージンコールと呼ばれます。
価格が下がった場合も、ロスカットされます。
ロスカットもマージンコールと同じ感じです。
マージンコールやロスカットは損切りと呼ばれます。
基本的には自分で損切りします。
損切りする価格は自分で決めることができますが、なるべく高い価格で損切りしましょう。
価格が下がると、半分以下になる場合も多いです。
良いタイミングで損切りできるかどうかがポイントになると思います。
この損切りの仕組みをしっかり理解しないと、脱初心者できません。
FXで勝つためには、損切りが重要になるということです。
ギャンブルの場合は損失のほうが大きくなりますが、投資は自分の経験や知識で利益が出ます。
損失を最小限にすることで利益を出すといったイメージになります。
何回か負けても一回勝てば良いという考えはダメです。
何回か負けても損失を抑えて、一回勝てば良いという考えが正解です。
わかりにくいと思いますが、そんなイメージになります。
私の実体験から言えることなので、参考にしていただければ良いと思います。
システムトレードを利用するという手がありますが、初心者のうちはそれで良いです。
慣れてくるとシステムトレードを利用するよりも、自分で判断したほうが良いという話になります。
時間のない方はシステムトレードで良いかもしれませんが、儲けるということを考えるとシステムトレードは良くないと思います。
自分の判断が物を言う投資ですから、自分の経験や知識が必要になります。
初心者はまずデモで経験を積むと損失が少なく済みます。
いきなり実戦すると、損失が大きくなるので注意が必要です。
情報商材も多くありますが、結局は自分に実力があるかどうかです。

Copyright 2013 外貨取引.com All Rights Reserved.